エピオス エコ システム(滅菌水)

歯科業界の汚染水問題

歯科用ユニット(診療用チェアー)の汚染水問題

最近、TVや新聞などのメディアで取り上げられるようになった「歯科用ユニットの汚染水問題」をご存知ですか?

歯科医院で使われる診療用チェアーの給水管内の水が細菌で汚染されているという問題です。歯科医院で使われる治療用チェアの給水管の汚染は、1960年代から報告され、問題視されてきました。さらに、1990年代には、歯科ユニットの給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。

歯科用ユニットに細菌が発生する原因

歯科医院で、診療を受ける際に「歯を削る」「うがいをする」「お口の中を洗う」際に、ほとんどが歯科ユニット(診療用チェアー)の水を使用します。一般的に、歯科用ユニットには、水道水が使われており、ユニット付近に残った水は細菌が繁殖しやすくなります。また、治療で使用した水が逆流し、細菌が多く含まれることも考えられます。むし歯菌や歯周病菌など、様々な有害な細菌が繁殖するリスクがあります。

細菌対策をしている歯科医院は一部だけ

現在、法律では水1cc辺りに対し菌が100個以内と決められており、これ以上菌がいる水を飲料水として使ってはいけないことになっています。一部の歯科医院では診療用チェアーの中で菌が繁殖し、チェアーから出てくる水1cc辺り、10万個以上の菌が存在していたというケースがあり問題視されています。

日本歯科医学会の方針では細菌対策として消毒液の使用を勧めており、治療器具に対し消毒や滅菌に気を使う歯科医院は増えてきましたが、治療に使う水に関しては、装置が普及しておらず、対策ができている歯科医院は、ごく一部というのが現状です。

当院の汚染水対策

歯科治療水安全認定施設 を取得

当院は、特定非営利活動法人POIC®研究会が定めた基準をクリアした、近畿でも数少ない歯科治療水安全認定施設を取得しています。これは、特定非営利活動法人POIC®研究会が、国の定める法令を遵守し、それ以上に厳しい基準である、歯科用ユニット治療水の細菌数『0』という基準をクリアしていると認定された施設です。 

 

特定非営利活動法人POIC®研究会についてはこちら

殺菌水自動供給システムを導入し、診療所全ての水を滅菌

当院では、全ての患者様に安心で安全な歯科治療を受けていただけるために、診療室全ての水に「エピオス エコ システム」という“滅菌水自動供給システム”を導入しております。これにより、細菌に汚染されていない清潔な歯科治療水で、患者様の口腔内を衛生的に保ち、安心・安全な診療環境を実現しています。

「エピオス エコ システム」とは?

「エピオス エコ システム」とは、水道水を電気分解し、電解中性滅菌水を生成するシステムです。薬品などをまったく使用しないため、人体には無害で安全な滅菌治療水です。また、次亜塩素酸の作用により強力な殺菌力を発揮します。次亜塩素酸とは、人体由来の免疫成分で、体内で白血球が、侵入してきた微生物に対し、産生する成分ですので、小さいお子様からご年配の方まで安心してご使用いただけます。

 

 

エピオス エコ システム(POIC®ウォーター)について詳しくはこちら

 

院内での使用について

  • 歯周ポケット内の洗浄除菌
  • 外科処置後の洗浄や消毒
  • 入れ歯の洗浄や殺菌
  • 診療器具・器材の除菌
  • 噴霧器での室内の空気の除菌
 
 
インプラント治療

インプラント手術を伴うため、特に院内の衛生環境が重要になります。全ての器具を滅菌するのはもちろん、治療用のイスなどもきちんと消毒して、院内感染を予防する必要があります。除菌水を使用する事で手術後の感染や炎症を防げます。

具体的な用途

  • インプラントオペ
  • 治療前・後のうがい
  • 診療器具の殺菌
  • 外科処置後の洗浄、消毒
歯周病治療

当院での歯周病治療の一環として、歯石除去を行いますが、その際に除菌水を使用し、歯周ポケット内を洗浄・殺菌します。そうすることでさらなる効果が期待できます。

また、重度の歯周病への応用や、歯根が膿んだ場合の殺菌にも有効です。

具体的な用途

  • 歯石除去
  • 治療前・後のうがい
根管治療

虫歯が神経まで進行し、痛みが強くなると、歯の根の管(根管)の神経を取り除く必要があります。
神経を取った後、根管内を消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにする治療を、根管治療といいます。
また、歯を削ったり、治療を進めていく度に、口の中に残っている細菌で、口の中が汚染されてしまいます。当院では、滅菌水で連続殺菌しながら治療していく事で、精度の高い根管治療を行います。

滅菌水(タンパク分解型滅菌水)の特徴

  • 殺菌作用がある。(ほとんどの細菌、カビ、ウイルス(B型・C型肝炎ウィルス・ノロウィルス・HIV・MRSA・インフルエンザウィルス・O-157、カンジタ菌など)
  • タンパク分解作用がある(バイオフィルムの破壊)
  • 消臭力がある
  • 温めるほど殺菌性が上がる
  • 人体には無害
  • 80ppm以下なら食品添加物扱いになる
  • pHが中性に近いのでむし歯になる心配がない

タンパク分解型滅菌水でのホームケア

ご家庭でも、お口のケアに使用できるよう、ボトル入り滅菌水をご用意しています。

①コップに約半分の水を用意する。

②キャップ1~2杯分の原液を入れる。

➂口に含みグチュグチュうがいする。

➃口に含んだまま毛先の細い歯ブラシ・歯間ブラシなどで歯と歯茎の間にいれこむように磨く。

 

使用方法について詳しくはスタッフまで、ご質問下さい。

初回(ボトル込) 1,500円
2回目以降 1,000円
TEL:072-687-1322