入れ歯

あなたにピッタリの入れ歯、お作りします

  • 痛い
  • 違和感がある
  • 発音しにくい
  • すぐ外れる
  • 使用中にストレスを感じる
  • 噛めない

インプラントが普及してきたとは言え、歯を失った時の治療としては、まだまだ入れ歯も有力な選択肢です。ただし、上記のような不満があるにもかかわらず、我慢して使い続けている方、もしくは入れ歯があるにもかかわらず使用するのをやめてしまった方も多いようです。当院は、患者さん一人ひとりのお口にピッタリと合う入れ歯をお作りし、患者さんが納得できるまできちんと調整を続けていくようにしています。今、お持ちの入れ歯に満足していない方は、当院へご相談にいらして頂ければと思います。

入れ歯治療の流れ

使用中の入れ歯チェック

現在お持ちの入れ歯をお持ち頂き、使用中の顎の関節、顔の筋肉、噛み合わせ、骨の状態などをチェックします。

型取り

上記の結果に基づき、新しい入れ歯を作るための精密な型取りを行います。

噛み合わせ調整

咬合器と呼ばれる、噛み合わせを調整するための装置を使い、入れ歯の細かい動きまで確認、調整します。

細部の調整

患者さんと一緒に、見た目、動き、形などを決定していきます。

最終調整

製作した入れ歯を、実際に患者さんのお口の中に入れて、気になる点や痛みが出る点などを直していきます。

メンテナンス

完成した入れ歯も、使っているうちに変形したり、お口の状態が変わったりしていきます。そのため、定期的にメンテナンスを行い、いつも快適に入れ歯を使い続けられるようにしましょう。

入れ歯を長く使い続けるために

せっかく作った入れ歯。できれば長く使い続けていきたいとお考えかと思います。そのために大事なのは、入れ歯本体のメンテナンスだけではありません。そもそも入れ歯治療をしたということは、歯が抜けてしまったということ。つまり、虫歯や歯周病などの原因があるはずです。その原因を突き止めて、解消しない限り、他の歯も同じように失ってしまう可能性が高いでしょう。
当院では、入れ歯を入れたところだけでなく、お口の中全体が健康な状態でいられることを目指した治療を行っています。

入れ歯の種類(保険診療と自費診療)

保険診療における入れ歯は、素材が決められておりますが、自費診療では見た目や機能面で様々な工夫が取り入れられた快適な入れ歯をお選び頂くことができます。お使いになっている入れ歯がどうしても気になるという方は、入れ歯の種類を変更することも検討してみてはいかがでしょうか。

ノンクラスプデンチャー

保険の入れ歯には、金属製のバネが使われており、お口を開けた時にそのバネが目立ってしまうという欠点がありました。ノンクラスプデンチャーは、金像のバネを使用していないため、お口を開けても入れ歯であることが目立ちにくくなっています。

ミリングデンチャー

保険の入れ歯で使われている金属のバネは、お口の中で残っている他の歯に引っ掛けることになります。ミリングデンチャーは、ただバネを歯に引っ掛けるのではなく、残っている歯に被せ物を取りつけるよう処置を施し、入れ歯と自分の歯がしっかりと一体化するように設計します。

TEL:072-687-1322