一般歯科(虫歯治療)

痛みが怖い人は、早期治療を

虫歯治療に対して痛い・怖いといったイメージをお持ちの方が多いと思いますが、初期の段階で治療をすれば、ほとんど痛みはなく、場合によっては麻酔なしで治療することも可能です。虫歯は放置すればするほど酷くなり、やがて大きな痛みが発生し、最後には歯を抜かなければならなくなってしまいます。少しでも虫歯かな?と思った方は、早めにご相談にいらしてください。

虫歯の進行

CO(シーオー)

歯の表面のほんの少しだけ虫歯ができ始めた状態です。この時点で発見できれば、歯を削る必要はなく、歯磨きと定期的なチェックで済むことがほとんどです。とは言え、自分で発見するのは難しいため、定期検診を受けておくことが重要です。

C1(シーワン)

歯の表面にあるエナメル質のみ虫歯になっている状態です。まだ痛みはなく、治療も麻酔なしで行うことができます。虫歯になっている箇所を削り、詰め物をします。

C2(シーツー)

歯の内側にある象牙質にまで虫歯が進行した状態です。痛みを感じるようになり、冷たいものや温かいものもしみます。麻酔を使って歯を削り、詰め物をします。

C3(シースリー)

歯の中には神経(歯髄)がありますが、そこまで虫歯が達している状態です。酷い痛みを伴い、神経を除去する治療が必要になります。最後に詰め物や被せ物をします。

C4(シーフォー)

歯のほとんどが溶けてしまい、虫歯が歯の根っこにまで進行している状態です。神経が死んでいるため痛みは治まっていますが、放置しておくと歯を支えている骨が炎症を起こすこともあります。

虫歯はそれぞれの段階において適切な治療をすることが重要で、できるだけ歯を残しつつも、虫歯菌が再び繁殖しないよう丁寧な処置をしなければなりません。当院では、患者さんの歯の状態やご希望に合わせた治療を行っていますので、虫歯になってしまった方は、早めにご相談ください。

いつまでも美味しい食事を楽しむために

普段は当たり前のように食事をしているので気がつきにくいものですが、いざ歯を失ったり痛みが出たりすると、生活そのものの質が低下してしまいます。いつまでも健康な食生活を送れるようにするためにも、歯に対する意識を高めるようにしましょう。人間の歯(永久歯)は、一度失うと二度と元の状態には戻りません。まずは毎日の歯磨きや定期検診を欠かさないようにし、万が一何か起きた時はすぐに治療を受けるようにしましょう。

TEL:072-687-1322