インプラント

自分の歯のように噛めるインプラント

虫歯や歯周病によって歯を失ってしまった時、自分と同じような感覚で人工歯を取りつける方法がインプラントです。人工歯根を骨に埋め込むため、その上に装着されている人工歯がしっかりと支えられるようになり、食べる時も話す時も、ほとんど気になることはありません。なお、当院では、むやみにインプラントをお勧めするのではなく、しっかりと検査を行い、患者さんのメンテナンス状況なども把握した上で、安全かつ長持ちできる見込みがある場合にのみ、実施するようにしております。

 

当院のインプラント治療の特徴については専門サイトをご覧ください。

骨造成

インプラントは、骨に人工歯根を埋め込むため、歯周病で骨が溶けてしまった方や、生まれつき骨が薄い型には適応できないことがあります。しかし、当院では、そういた方でもインプラントを受けて頂けるよう、骨造成処置を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください

静脈鎮静麻酔

インプラントでは口腔外科手術が必要になるため、恐怖感があるという方もいらっしゃるかと思います。当院では、安心してリラックスした状態でインプラントの処置を受けて頂けるよう、静脈鎮静麻酔を導入しています。ウトウトしている間に処置は終了しますので、不安を感じやすい方も安心です。

インプラントの流れ

各種検査

レントゲン撮影、全身の健康状態チェック、噛み合わせチェック、模型作製、歯周病検査などを実施し、インプラントを受けて頂けるかどうかを確認しています。

歯周病ケア

インプラントを長く安全にお使い頂くためには、歯周病ケアが欠かせません。お口の中をきれいにして、インプラントの処置に備えます。

CT検査

人工歯根を埋め込む向きや方向を決めるために、そして血管や神経の位置を正確に把握するために、CTによる精密検査を行います。

一次手術

口腔外科手術によって、人工歯根を骨に埋め込みます。

待機期間

1〜5ヶ月間、埋め込んだ人工歯根と骨が接着するのを待ちます。

二次手術

埋め込んだ人工歯根の上部のみ、歯茎から見える状態にします。

人工歯の作製

お口の中で「歯」として使用する部分を作り、装着します。

メンテナンス

インプラントを長くお使い頂くためには、メンテナンスが欠かせません。定期的検査、クリーニング、正しい歯磨きを続けていくようにしましょう。

当院の衛生管理について

インプラントでは、口腔外科手術を伴うため、特に院内の衛生環境が重要になります。当院では、全ての器具を滅菌するのはもちろん、治療用のイスなどもきちんと消毒して、院内感染を防ぐようにしています。患者さんの不安を軽減し、安全・安心の治療をできるよう心掛けておりますので、インプラントをご検討されている方は、ぜひ当院へご相談ください。

インプラントQ&A

Q

インプラントで噛めるようになりますか?

A

人工歯根を骨に埋め込んで支えるため、自分の歯と同じ感覚で噛めるようになります。

Q

治療したところは目立ちますか?

A

セラミックなどを使って自然な仕上がりにしますので、会話中に治療したことが分かるようなことは、ほとんどありません。

Q

どれくらいの治療期間が必要ですか?

A

顎の骨が十分にある方の場合、最短で3ヶ月程度です。骨造成を行う場合は、その分の期間が必要になります。

Q

治療期間中は、いつも通りの食事ができますか?

A

一次手術の後、4日間くらいは硬いものを避けて頂く必要がありますが、それ以外は通常通りのお食事を召し上がって頂けます。

Q

入院は必要ですか?

A

インプラントの治療は全て日帰りですので、入院は必要ありません。

Q

インプラントを受けられる年齢の制限はありますか?

A

骨が成長しきっていないお子さんは、インプラント手術を受けられません。大人の方は、骨の量や密度に問題なければ、何歳になってもお受け頂くことができます。

Q

インプラントは何年くらい使い続けられますか?

A

元々の骨の状態や、メンテナンスをきちんと続けるかどうかによって変わります。一つの目安として、5年後までの維持率はほぼ100%です。

Q

手術を受ける時は、強い痛みがありますか?

A

手術中はしっかりと麻酔を効かせますので痛みを感じることはありません。それでも不安な方には、静脈鎮静麻酔を使用します。また、麻酔が切れてから1〜2日くらいは、抜歯をした時と同じくらいの腫れや痛みが出ることはあります。

Q

手術後、気をつけた方がいいことはありますか?

A

 暑いお風呂、長風呂、飲酒、喫煙、激しい運動は避けてください。また、舌で傷口を触らないよう気をつけましょう。

Q

喫煙者もインプラントを受けられますか?

A

タバコを吸うと、毛細血管が収縮して血流が悪くなります。そのため、埋め込んだ人工歯根と骨がくっつきにくかったり、治癒が遅くなったりする傾向にあります。絶対に受けられないというわけではありませんが、できれば禁煙されることをお勧めします。

TEL:072-687-1322