歯周病治療

知っておきたい、歯周病のこと

歯周病は、歯を支えている歯茎や骨に関わる病気の総称で、その症状や程度によって「歯周炎」「歯槽膿漏」「歯肉炎」といった名称で呼ばれることもあります。初期段階の自覚症状がないため、知らない間にどんどん進行していくのが特徴で、実際に日本では歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病の症状

  • 歯を磨くと血が出る
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が腫れている
  • 歯と歯の隙間が広がってきた
  • 歯が浮いている感じがする
  • 朝起きた時、口の中がネバネバしている

これらのいずれかに当てはまる方は、歯周病である可能性が高いと言えます。まずは当院へお越し頂き、必要に応じて治療を始めるようにしましょう。そのままの状態にしておくと、悪化が進み、いずれ歯を何本も失ってしまうことになりかねません。

歯周病治療の流れ

基本検査

レントゲンや口腔内写真の撮影をして、歯と、歯を支えている組織の状態を確認します。

型取り(必要な場合のみ)

歯周病が悪化しており、複雑な治療が必要な場合は、お口の模型を作製します。

治療計画の作成と説明

患者さんの現在のお口の状態や、これから始める治療の内容を説明させて頂きます。

歯周検査

歯と歯茎の間にある歯周ポケットの深さを測ったり、歯茎の出血状況を調べたり、歯がどれくらいグラグラしているのかを確認したりします。

歯磨き指導、歯石除去、プラークコントロール

歯磨きを改善し、院内では歯石除去をして、お口の中をいつも清潔な状態に保つようにします。

治療後のチェック

治療が一通り終わりましたら、歯周組織が改善されていることを確認します。

歯周外科治療、再生療法

歯周病があまり改善されない場合や、骨がかなり溶けてしまっている場合には、歯周外科治療や再生療法を実施することもあります。

再生療法

歯周病が悪化すると、歯を支えている骨が溶けてしまいます。これを元に戻すための治療が「再生療法」です。当院では、高い技術を持つ歯科医師が、きちんと衛生管理のされている院内で、安全な再生療法を実施しています。

エムドゲイン

エムドゲインと呼ばれるゲルを、骨が溶けてしまったところへ埋め込むことで、周囲の骨が成長していきます。

GTR

エンブレムと呼ばれる膜を、骨と歯茎の間に敷くことで、骨の造成を促します。

歯周病と全身疾患との関係

歯周病は、歯を支えている歯茎や骨だけでなく、全身の健康とも密接に関わっていることが分かっています。特に、糖尿病、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、骨粗鬆症、癌、出産などに影響するため、毎日の歯磨きを改善する、クリーニングも欠かささないようにするなど、歯周病リスクをできるだけ抑えることが重要です。

糖尿病

歯周病は糖尿病を悪化させ、逆に糖尿病になると歯周病が進行しやすいという関係にあります。もし内科で糖尿病の可能性を指摘されることがありましたら、すぐに歯周病ケアを始めましょう。

脳梗塞、心筋梗塞

歯周病になると、血液中の成分である血小板が増えて、血管内で血栓を作ってしまうリスクが高まります。

出産

妊娠中に歯周病になると、胎児にも悪い影響を及ぼすことが分かっており、早産や低体重児出産になってしまう可能性があります。

心臓病

歯周病菌によって細菌性内膜炎になる可能性があります。

肺炎、気管支炎

歯周病菌は、気管や肺に進入することがあり、気管支炎や肺炎を引き起こします。さらに、高齢者や要介護者は、誤嚥によって歯周病菌が気管や肺に到達してしまう可能性が高くなります。

TEL:072-687-1322