睡眠時無呼吸症候群

快適な睡眠、できていますか?

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧や心筋梗塞のリスクを高めることが分かっており、近年は積極的に治療を受ける方が増えてきているようです。睡眠中に呼吸が止まってしまう原因の一つは、舌根(舌の根っこ部分)が喉に落ちてしまうことです。舌根が落ちることを防ぐ装置を使用することで、快適な睡眠を手に入れましょう。

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸状態が30回以上起きることを言います(7時間以下の睡眠でも、10秒以上の無呼吸状態が1時間当たり5回以上起きれば睡眠時無呼吸症候群であると診断されます)。呼吸が止まることで、当然体内は酸欠状態になりますが、障害はそれだけではありません。

睡眠時無呼吸症候群によって引き起こされる障害

  • 激しいいびき
  • 夜中に目が覚める
  • 起床時に頭が痛い
  • 昼間に異常な眠気に襲われる
  • 肥満、高血圧、不整脈、心疾患、鬱病などのリスクを高める

原因と治療法

睡眠時無呼吸症候群の原因は様々ですが、その多くは、睡眠時に喉の筋肉が緩んで舌根が喉に落ちることによって発生します。肥満の人や顎の小さい人は特に発症しやすいため、一度検査を受けておくようにしましょう。

Oral Appliance

睡眠時無呼吸症候群の治療は、外科手術で気道を広げることもできますが、睡眠時に「Oral Appliance」と呼ばれるマウスピースの一種を使用することで気道を確保することも可能です。

Oral Appliance作製の流れ

1まずは歯並び、顎の関節、歯の健康状態、治療箇所の不具合などを調べ、それぞれ問題があれば解消します。

2患者さん一人ひとりに合ったOral Applianceを作製し、正しい位置に顎が固定されているか、気道は確保されているかを調べます。

3総合病院で、各種検査を実施して、狙ったとおりにOral Applianceが機能していることを確認します。

4メンテナンス
歯並びや顎の関節に悪影響はないか、虫歯や歯周病はできていないか、睡眠時無呼吸症候群は解消されているかなどを、定期的にチェックし、問題があれば解消します。

TEL:072-687-1322